トラリピFX

【2019検証】トラリピのブログ実績を毎週更新!【データ公開】

どうも!資産運用歴5年目のさみーです。

2018年10月15日からトラリピの運用を開始しました。

実績は毎週更新、月次で運用通貨ペアに対する世界情勢の変化を報告します。

前から気になっていましたが手数料の高さで手を出せなかったです。

10月からの手数料無料をきっかけに僕もトラリピを始動!これから楽しみです。

さみー
さみー
いよいよトラリピの実戦開始!分散投資でリスクを抑えていきます。

トラリピのブログ運用実績【毎週更新】

カナダ
ドル円
累計利益 時価残高 年利
換算
1週 3,518円 3,518円 1,998円 36.4%
2週 8,669円 12,187円 7,077円 62.0%
3週 1,654円 13,841円 7,401円 46.8%
4週 960円 14,801円 9,711円 37.5%
5週 1,970円 16,771円 11,561円 33.8%
6週 3,271円 20,042円 12,142円 33.5%
7週 412円 20,454円 13,014円 29.3%
8週 10,518円 30,972円 14,682円 38.0%
9週 1,239円 32,211円 16,611円 35.1%
10週 10,551円 42,762円 -22,648円 41.1%
11週 2,028円 44,790円 -50,690円 39.0%
12週 9,656円 54,446円 -31,684円 27.7%
13週 4,313円 58,759円 -8,471円 27.4%
14週 2,121円 60,880円 15,410円 26.3%
15週 1,431円 62,311円 21,471円 25.1%
16週 2,228円 64,539円 35,549円 24.3%
17週 7,192円 71,731円 26,271円 25.2%
18週 4,032円 75,763円 40,863円 25.1%
19週 2,378円 78,141円 51,241円 24.4%
20週 4,087円 82,228円 56,748円 24.3%
21週 7,038円 89,266円 46,406円 24.9%
22週 3,237円 92,503円 60,043円 24.6%
23週 5,161円 97,664円 34,484円 24.7%
24週 1,059円 98,723円 59,823円 23.9%
25週 5,506円 104,229円 70,169円 24.0%
26週 0円 104,229円 76,989円 23.1%
27週 1,592円 105,821円 74,861円 22.6%
28週 3,345円 109,166円 67,426円 22.4%
29週 400円 109,566円 65,226円 21.7%
30週 4,929円 114,495円 51,035円 21.8%
31週 1,406円 115,901円 46,841円 21.3%
32週 2,800円 118,701円 38,751円 17.0%

トラリピ32週目(5月4週)の実績は「+2,800円」でした!

カナダドル円は原油の下落を受けて値を下げました。とはいえ、カナダの経済は直近の発表を見る限り堅調です。

米中貿易摩擦を影響をモロに受けている豪ドルに比べて今から始めるならカナダドル円はかなりおすすめですね。

いよいよトラリピのメキシコペソ円の取り扱いがスタートします。
僕も参戦予定で22万円を入金して設定を稼働させました。

詳しい設定は関連記事をご覧ください!

https://samiifx.jp/toraripi-peso/

トラリピはとにかく稼働し続けている限り毎週のように利益が出てくれます。

下落だと含み損が増えて不安になるかもしれませんが、続けていけば口座資金は増えていきますしスワップポイントも貯まります。

大きく動いた時に取りこぼすこともないのでチャンスが続きます。焦らずじっくり待ちましょう。

カナダドル円の4月のまとめを追記していますのでぜひ見てください。

≫【トラリピ検証実績【2019年4月】へ移動する。】

 

カナダドル円はずっとレンジ相場が続いてくれているのでトラリピにとって非常に適した通貨ペアですね。
毎週コツコツ2千円から多い週だと1万円近くまで決済トレール効果で伸びます。

トラリピは短期的な稼ぐのではなく、長期運用してジワジワ利益を積み上げていく運用がおすすめです。

トラリピならカナダドル円が優遇されていますし、カナダは利上げの可能性もあるので今後も値が上がることが期待できます。

最初の設定時にカナダドル円の場合、68円まで耐えられるような設定でスタートすれば、かなり安心できる設定だと思います!

 

最大5万ポイントプレゼント中!

マネースクエア

 

トラリピのキャンペーン解説!【2019】 どうも!資産運用歴5年目のさみーです。 トラリピはFX自動売買の中でもかなり人気の高いシステムです。 しかも...
さみー
さみー
僕はコツコツと届く約定メールと毎週の利益確定額を楽しみに仕事してますよー。

トラリピFXのさみーのブログ設定

通貨ペア エントリー
方向
数量
(万)
トラップ値幅 利確幅
カナダドル円 両建て 0.1 0.20円 400円
  • カナダドル円
  • 両建て(両建て範囲「82円から94円」)
  • 0.1万通貨
  • 0.20円
  • 利確幅400円
  • 決済トレール「有」

とにかく上下で稼げる両建てが好きなので、トラリピも両建てで行きます。

トラリピはカナダドル円に力を入れている通貨ペアであるとともに、豪ドル円と同じぐらい値幅の最高値、最安値の差が少ないのでコントロールしやすいです。

豪ドルは中国の影響を受けやすいですが、カナダドルはどちらかというと米国の影響を受けやすいです。

分散投資の考えとしては、豪ドル一辺倒だとリスクが高いのでトラリピでカナダドル円運用はなかなか良い選択だと思っています。

0.2円幅は少々攻めた設定なので最初は0.4円幅で様子を見るのもおすすめです。

ブログ設定の詳細は下記の関連記事に詳しく書きましたのでどうぞ!
設定で何か質問があれば質問箱までお願いします。

さみー
さみー
個人的にはなかなか良い設定だと思っています。

設定についての質問の回答(2019年2月3日追記)

質問をいただきましたので回答した内容を共有しておきます。

質問者様
質問者様
トラリピのカナダドル円の決済トレールは600円がシミュレーション結果が最適なようですが、利益幅400円の理由は?

僕が決済トレールで400円にしているのは感覚ですね。裁量トレードやっていると4年前に比べて年々値動きが細かくなってきていると感じます。

おそらく400円と600円のシミュレーション結果の差は大きくは違わないはずで、今後の細かくなっている値動きによっては400円が最適になる可能性もあります。

決済トレールつけるつけないも含めて自分で納得できる利益幅で始めるのがいいかと。

例えば決済トレールなしの500円値幅とかはワンコイン利確でわかりやすいですよね。

質問者様
質問者様
ダブルリピートイフダン(両建て)は必要証拠金が増えて年利が下がるという記事を見たのですがどうですか?

たしかに両建て範囲で、上に大きくあがって下に突き抜けたら証拠金ふえますね。
トラリピはMAX方式なので両建て範囲が長期間続く場合は、少ない証拠金で単純計算だと利益2倍です。

僕は安定もいいですが、両建てのイケイケ感が好きなので中心は両建てしてます。

あとは上昇に比べて下落のスピードは3倍速いとも言われていますし、実際裁量トレードやっていると下落は一気にきます。

決済トレールを有効に機能させるなら下落を狙うのは効果的だと思っています。

実際4か月弱の実績結果を計算してみると、やはり売りトラリピの方が少ない約定回数なのに利益出てますね。
マイナススワップを差し引いても大きく利益につながっています。

コアレンジ(中心部分)のみ両建てにすることは楽しいですよ♪

僕のトラリピの両建て設定はこちら

さみー
さみー
設定で何か質問があれば質問箱まで。お待ちしています♪

トラリピのブログ実績【2019年1月】

トラリピの2019年1月の運用実績は「+19,250円」でした!

85万円から87万円の利益なので年利換算で「28%」にもなります。

大幅下落からのリバウンド相場で利益乗りましたね。

カナダドル円の1月チャート

(カナダドル円の4時間足チャート)

1月の値動きは、普段から資金管理ができているかどうかで明暗分かれる結果となりました。

口座維持率が300%以下の人はおそらく1月3日の「フラッシュ・クラッシュ」と呼ばれる大幅下落でロスカットになって人も多いでしょう。

ロスカットされなければその後大きな利益へとなっている相場です。トラリピの維持率が以下に大切かを伝えるには十分すぎる出来事でした。

トラリピに限らずリピート系FXは維持率1000%を目標に運用することが大切です。

とはいえ僕もトライオートFXはかなり攻めてしまったのでひっしのパッチで資金を投入して維持率上げていくしかないです。

維持率低い人は早めに上げていきましょう。個人的にはゴールデンウィークの10連休は売り仕掛けで大幅下落を狙われやすいタイミングだと思っています。

僕の場合トラリピは1125%なので長期間安心できる状態です。

さみー
さみー
2019年は1月から波乱の幕開けです。維持率高めで安全運用していきましょう。

トラリピのブログ実績【2019年2月】

トラリピの2019年2月の運用実績は「+14,918円」でした!

87万円から88万5千円なので年利換算で「21%」です。かなり順調です。

カナダドル円の2月チャート

2月のカナダドル円の値動きは上昇と下降を繰り返すレンジ相場でした。

トラリピには最適な値動き。ほれぼれするようなきれいなチャートです。

かなり安心できる値動きです。ハーフ&ハーフで買いだけでも買ったポジションが利確され続けますし、僕のように両建てなら上げても下げてもガツガツ利確でめっちゃ楽しいです。

下げは勢いもあるので決済トレールも期待できますし、我ながらいい設定だなと思ってます。

口座維持率は1,793%なのでかなり余裕ありますね。

もう少し口座資金が増えたら中央値を0.2値幅から0.1値幅にするようにトラリピを追加しようかと。

86円から88円にかけて売りと買いトラリピ追加でいこうと思います。

さみー
さみー
2019年は2月からトラリピのための相場。最適すぎる値動きでほったらかしでした。

トラリピのブログ実績【2019年3月】

トラリピの2019年3月の運用実績は「+19,958円」でした!

マイナススワップで惜しくも2万円は届きませんでしたが年利相当24%の水準なのでかなり順調に運用できています。

口座維持率もひとつの目安の1,000%以上をキープできているので、このままの設定で資産を増やしていきます!

カナダドル円の3月チャート

カナダドル円の2019年3月の値動きは85円から上下に動きつつもやや下降トレンド

3月末に一気に伸びたので、83円のレジスタンスライン(売りを意識されて上の上昇を抑えられる値)を越えて2月同様に上昇トレンドに期待ですね。

さいわい、カナダドルに影響する原油価格は底堅い値動きで安定しているので上昇トレンド、または83円から86円のレンジ相場(上下に行ったり来たりする状態)が見込めます。

さみー
さみー
2019年が始まって3ヶ月。トラリピに有利な上下の値動きが続いてくれて安心してほったらかしにできますね笑

トラリピのブログ実績【2019年4月】

トラリピの2019年4月の運用実績は「+10,450円」でした!

今までに比べて少ないですが、なんとか1万円は越えました。年利相当も20%以上をキープできているのでかなり順調ですね。

口座維持率も目安の1,000%以上をキープできています。遅かれ早かれ下降トレンドは必ずくるので追加トラリピは行わずに守り重視でいきます。

カナダドル円の4月チャート

カナダドル円の4月のチャートはきれいなレンジ相場。

トラリピには含み損は大きく変わらずに利益だけが増えていく理想的な値動き。

1つ不満があるとすると値幅がめっちゃ狭いんです。1か月の最高値と最安値が1.5円しか違わない。いくらレンジでもこれでは利益はそこまで出ないよねという話。

でも為替はスクイーズと呼ばれる狭いレンジが続くほど、大きな値動きがのちのち発生しやすいんです。

ここで焦って攻めた設定に変えるのは待ったほうがいいと僕は思います。

「2016年から2017年の値動き」と「2019年4月」を比べてもらえばわかるように今の狭さがレアケースなだけです。

大きな値動きは焦らずともやってくるので最初の戦略、ロスカットライン、口座維持率は十分に考えて稼働を続けていきましょう。

さみー
さみー
下手に動かず2019年5月はもう少し荒波に期待しましょう!

運用実績詳細【2018年10月】


トラリピの10月の運用実績は「+13,409円」でした!

50万円運用で月1万越えで、月利はなんと2.6%です。

カナダドル円は豪ドル円同様に最高値と最安値の幅が狭く、トラリピでは非常に資金管理がしやすい通貨ペアです。

10月は上下を繰り返したので、維持率は1600%とかなり高いです。

予定では今後2,3ヶ月後には800%程度に落ち着くと思います。

余裕が出てきたら、トラップ本数を増やしてさらなる利益率アップを狙います。

トラリピに限らずリピート系って基本ほったらかしです。

口座資金が貯まってきたら本数増やしたり、新たな通貨ペアを立てたりするだけですね。

カナダドル円の10月チャート分析

10月のカナダドル円は1週目から3円ほど下落スタートでした。

僕がトラリピを始めたのは10月15日からなので、かなり安定した状態なのでリピート系にはありがたい展開です。

10月に政策金利を1.75%に上げたりしましたが、結局は86円付近を上下してくれています。

毎年、年末にかけてクロス円は上がりやすいアノマリーが続いています。

11月後半には87円付近に一段上げた状態になっていると予想します。

と、まぁリピート系は資金管理して長期運用をしておけばかなりの勝率になります。

FX初心者なら裁量トレードでボロボロにやられるぐらいならリピート系1択だと思います。

11月もこの調子で資産を増やしていきましょー

さみー
さみー
10月のカナダドル円はかなり穏やかな相場。荒れるとトレール機能が効くので待ってました状態。11月に期待です!

運用実績詳細【2018年11月】

トラリピの11月の運用実績は「+7,045円」でした!

カナダドル円は10月中旬からかなり狭いレンジで動いています。
今の状態が続けば続くほど、含み損は増えずに利益だけが増えていくイージーモード。

元手50万円で2か月経った今でも維持率は1655%なので設定は自分で言うのもなんですがかなりいい状態です。設定詳細は関連記事に詳しく書いています↓

カナダドル円の11月チャート分析

11月のカナダドル円のチャート推移は、とにかく凪(なぎ)です。
値動きはかなり緩やかでした。

最高値87円、最安値84.6円ほど。たったの2.4円。

トラリピにとっては値動きが出るほど利益がのることは確かですが、緩やかな動きでもずっと続いてくれればリスクなしに利益だけ増えるのでアリなんですが。。。

値動きがないのは正直いってちょっと退屈ですね。

かといってトランプ大統領就任時のようにドル円が1か月で18円も爆上げされたら吹き飛ばされる可能性もあるので、「自分の想定しているレンジで暴れてくれ」ってのはわがままなんですが。

カナダドル円と原油の相関関係

11月はカナダドル円は緩やかに値を下げています。でも11月の豪ドルやNZドルは大きく値を上げているんです。

「なんでカナダドルは上げないのか?」

原油先物チャートを見てみると10月から2か月下げっぱなしです。

50ドルのキリ値で一旦反発してます。しばらくは50ドルで前後するかと。

カナダドル円は原油で下げていただけなので、まずは50ドルで下げ止まっていますのでこのまま下げることはないのでひとまず落ち着きそうです。

さみー
さみー
下落要因も一旦下げ止まっているので、トラリピのカナダドル円運用をはじめるにはいいタイミングです。

運用実績詳細【2018年12月】


トラリピの12月の運用実績は「+24,336円」でした!

11月は7千円だったので3倍の利益に増えました!

が、しかし喜んでもいられないですね。

カナダドル円は12月下げ続けて86円 → 80円台へ大幅に下落しています。

僕の口座維持率は1月2日時点で349%まで下がってしまったので30万円入金して「608%」まで上げました。

まさか翌日にフラッシュクラッシュが起こるとは思いませんでしたが。。。

トラリピやループイフダンなどのリピート系注文はたとえ下げても含み損を持ちながらも、ハーフパイプ型になれば勝てるんです。

スワップ金利をもらえる通貨ペアなら時間をかけるほど利益が膨らみます。

最初にロスカット位置をしっかり決めて焦らず運用しましょう。

さみー
さみー
10月のカナダドル円はかなり穏やかな相場。荒れるとトレール機能が効くので待ってました状態。11月に期待です!

トラリピ運用実績 | まとめ

トラリピは2018年10月から手数料を無料にしました。

今まで利用を見送ってきた人もこの機会に僕と一緒に始めましょう!

今なら新規口座開設と条件達成で最大5万マネースクエアポイントのプレゼント中です。

 

今なら最大5万ポイントプレゼント中!

 

さみー
さみー
トラリピはパイオニアなだけあって、設定のしやすさやチャートの見やすさはかなり優れていますねー!
トラリピなら自動売買で資産運用♪
マネースクエア
トラリピは仕事中でも寝てるときでもコツコツ利益を積み重ねます。24時間コツコツと。
 
僕のトラリピ実績は、毎月1万円
システム稼働している限りこれからもずっと1万円
 
トラリピならコツコツと資産を積み重ねてくれる。最近トラリピを始める人ホントに増えてますよ♪