初心者向け資産運用はこちら!➡ ≫ CLICK!

【月10万】改造コアレンジャー豪ドル円のビルダー設定方法!【トライオートFXコアレンジ両建て】

どうも!資産運用歴7年目のさみー()です。

今回紹介するのは、「トライオートFX」のコアレンジャー豪ドル円の値幅を広げた設定になります。

シミュレーション結果は月10万円!

コアレンジャー豪ドル/NZドルとは違い広い値幅で1撃で6,000円です。

設定のコツはトライオートFXに限らずループイフダントラリピでも同じなので知っておいて損はありません!

記事内で紹介している設定のリアルな実績報告を毎週してます!

実績が気になる人は、「【運用実績】トライオートFXのブログ実績を毎週更新!」をチェック

嬉しいことにインヴァスト証券様とタイアップが開始となりました!

当サイト限定の特別タイアップで”超”限定レポートプレゼント中!

僕のトライオートFXの経験を詰め込んだ50ページの渾身のレポート内容となっています!

\今なら当サイト限定で特別タイアップ中!/
トライオートFX

当サイト限定!特別タイアップで”超”限定レポートプレゼント!
レポート条件は上のリンクから口座開設するだけ!
  1. トライオートFXで想定月10万円の設定紹介
    初心者向けの月1万円想定も合わせて紹介
  2. リピート系注文で失敗しにくい考え方
  3. カスタム設定のバックテスト結果(検証結果)
さみー
今まで色々な失敗を経験…。そのおかげで資金管理の重要性、効率の良い値幅設定がわかるようになりました!
読みたい場所をタップ

トライオートFXとは?

インヴァスト証券が提供する新スタイルのFX、それが「トライオートFX」です。

よくわかる公式動画をご覧ください。(音が出ますのでご注意を)

インヴァスト証券は他にも様々なサービスを提供しています。サービス詳細は「続きを読む」をタップ!

あわせて読みたい
【保存版】インヴァスト証券の評判は?FX,ETFやキャンペーンを紹介! どうも!FX歴6年目のさみー()です。 今回はFX、ETF、シストレなどサービスてんこ盛りの「インヴァスト証券」を紹介します!   当サイト限定の特別タイアップで”...
さみー
24時間自動で取引!最初に設定して後はほったらかし!

豪ドル円カスタムコアレンジャーの1週間の実績

1週間で3万6千円!このペースで走り続ければ月10万円は余裕で達成ですね。

設定は、

  1. コアレンジ「60pips」の両建て
  2. サブレンジ「80pips」で高値は売りのみ、安値は買いのみ

となります。

さみー
今回の豪ドル円設定はかなりおすすめですよ!

2020年3月の大暴落の雑感【2020年6月5日追記】

2020年3月にコロちゃんの大暴落により、通貨ペアが円高方向へ強烈に動きました。

豪ドル円も例外ではなく一時60円割りも記録しました。

その後急回復で、6月5日時点で豪ドル円は76円まで回復しています。

まさかの両建てエリア復帰となりました。
両建てで無双してくれることに期待です!

他におすすめできる設定は「【ユーロ/豪ドル(EURAUD)】長期チャートで新規設定!【トライオートFX】」になります。

あわせて読みたい
【ユーロ/豪ドル(EURAUD)】長期チャートで新規設定!【トライオートFX】 どうも!FX歴6年目のさみー()です。 今回はトライオートFXのコアレンジャーランキングでトップの収益率を誇る「ユーロ/豪ドル」の通貨ペアに注目してみます。 コアレ...

大きくレンジ外へ跳ね飛ばされましたが、それでもなお1か月ほどでレンジに復活しています。今の時点ではすぐに大きな変動がくるとは思えないので、レンジ復活後のユーロ/豪ドル設定はかなり安定して稼ぎ続けてくれると思っています。

トライオートFXのブログ実績で、毎週ごとにリアルな稼働報告していますので気になる方はぜひご覧ください。

あわせて読みたい
【2021検証】トライオートFXのブログ実績を毎週更新! どうも!FX自動売買歴5年目のさみー()です。 インヴァスト証券の「トライオートFX」の実績結果を週ごとに公開しています。 自動売買の稼働設定は、3つです。 ビルダー...
さみー
豪ドル円設定は両建て範囲はめっちゃ楽しいですが、サブレンジの今はじっくり耐える段階。

トライオートFXの設定方法

・「どんな通貨ペアがよいのか?」
・「利確幅やエントリー間隔はどのように設定したらいいのか?」

を説明します。

通貨ペア

リピート系注文で1つだけ通貨ペアを選ぶなら「豪ドル円」です。

変動値幅の安さ、1豪ドル円あたりの安さ、オーストラリアは資源国でGDPが成長し続けているから国が安定しているためです。

詳しくは》ループイフダンは豪ドル円(AUD/JPY)がおすすめ!4つの理由とは?を参考にしてください↓

あわせて読みたい
ループイフダンは豪ドル円(AUD/JPY)がおすすめ!4つの理由とは? どうも!ループイフダン歴6年目 さみー(@sammy_fx_123)です。 豪ドル円は日本人にはとても人気の通貨ペアです。買い方向で毎日スワップポイントが発生するからコツコ...

仕掛けるレンジ幅(レンジ幅と本数で決まる)

仕掛けるレンジ幅とは、エントリーする値幅の間隔になります。

仕掛けるレンジ幅が広いほど、約定回数は減りますが、エントリー数が少なくなるため必要証拠金が安く済みます。

リピート系注文で儲けるためには、ロスカットさせないことが必須条件です。

仕掛けるレンジ幅が広いほど含み損の増加しにくい設定なので低リスクとなりますが、利益確定回数は少なくなります。

収益率と適度な利益確定回数を得るために60pipsの利確幅を中心で構成しました。

さみー
60pipsのエントリー間隔でバランスのいい設定にしました。

1エントリーの利確幅(pips)

利幅幅は仕掛けるレンジ幅とは違い、利益を得る指値幅になります

利確幅を多めにとったほうがスプレッドの損を受けにくいです。

わかりやすさとバランスを重視して仕掛け幅と同じ幅にするとポジションの取得と利確がほぼ同じタイミングになるのでおすすめです。

基本形では仕掛け幅と同じ60pipsでいきます。

数量(通貨数)

月10万円を目指すなら1万通貨の両建てになります。
ただし1万通貨の両建ては必要資金が増えるため、初心者の方は1000通貨(0.1万)推奨です。

トライオートFXに慣れていない状態で多くの数量を設定するようなリスクを取った戦略はしてはいけません。

まずは1000通貨で経験を積んでわかってきてから徐々に数量を上げましょう。

初期資金

「口座資金を最初にいくらにすればよいのか?」

これはどのぐらいの値幅に耐えられるようにするかということなので人それぞれのリスク許容度によります。

まずは最低限、設定範囲内は耐えられるようにする資金は必要です。

今回紹介する基本形のハーフ設定では1000通貨の場合は「30万円」となります。

1万通貨設定ならば300万円ですね。

ここで、大切な考え方を言っておきます。

リピート系注文は資金管理が一番大事です。

資金があまり足りていない状態で無理して稼働させると、半年もしないうちにロスカットされると一気にマイナスになります。

さみー
資金が足りない場合は、欲張らずとにかく通貨数を減らすこと

【30万円設定】豪ドル円のハーフ型

ハーフ型はトライオートFXの「基本中の基本」型と言えます。

チャートの中央値を決めて、中央値から下のゾーンを「買い注文のみ」、上のゾーンを「売り注文のみ」で構成。

豪ドル円のようなレンジ相場のチャートであれば、ゾーン全体を買い注文のみするより必要証拠金が半分以下になるので少ない証拠金で広い値幅をカバーすることができ、非常に効率的なリピートが可能になります。

ただしハーフ型は、レンジを大きく上に外れても大きく下に外れても強制ロスカット(強制損失)となるデメリットもあります。

【ハーフ型】

「メリット」買いのみ、売りのみに比べて同じカバー範囲で必要証拠金を半分以下にできる。

「デメリット」上下にロスカットラインができる。

僕がおすすめする豪ドル円30万円設定の具体的な設定値としてはビルダー設定で

  • 売買「買」
  • レンジ幅「1080pips」
  • 本数「18」
  • 数量(万)「0.1」
  • スタート価格「79」
  • 利確幅(pips)「60」
  • カウンター値(pips)「-60」買い設定はマイナス値(チェックをつける)
  • カウンター固定「有」(チェックをつける)
  • 売買「売」
  • レンジ幅「1080pips」
  • 本数「18」
  • 数量(万)「0.1」
  • スタート価格「79」
  • 利確幅(pips)「60」
  • カウンター値(pips)「60」買い設定はマイナス値(チェックをつける)
  • カウンター固定「有」(チェックをつける)

の2つを組み合わせてハーフ設定とします。

ビルダー設定方法は次の「2020年11月22日からのさみーの新設定」で紹介しますね。

さみー
まずはハーフ型でしっかりとトライオートFXに慣れよう!

豪ドル円の設定方法(さみー設定)【2020年11月22日から新設定】

2018年8月から豪ドル円の両建て運用で2年間稼働させ続けてかなりうまくいっています。

このままでもいいですが、さらなる利益率向上を目指して2020年11月22日から新設定で稼働させました!

もともとの両建てにさらに中央値付近のエントリー本数を2倍になるように30pips間隔で敷き詰めました。

新設定ではざっくりとコアレンジ部分は2倍の利益率、超コアレンジと呼ぶエリアを作り利益率を最大3倍まで高めています。

名付けて「クロス型」です。

0.1万通貨での必要目安資金は60万円となりますが、僕はクロス型を推していきます。

僕は1万通貨(目安資金600万円)でかなり攻めて稼働させています。

毎週「トライオートFXのブログ実績」にてリアルな実践結果を出していますので、うまくいっているかどうか気になる人は見ていただければわかります。

あわせて読みたい
【2021検証】トライオートFXのブログ実績を毎週更新! どうも!FX自動売買歴5年目のさみー()です。 インヴァスト証券の「トライオートFX」の実績結果を週ごとに公開しています。 自動売買の稼働設定は、3つです。 ビルダー...
さみー
もともとうまくいっている設定をさらに進化させて利益率を高めていくスタイル!

さみーの豪ドル円のクロス型の設定方法(目安資金60万円)

クロス型もベースはハーフ型になります。

「ハーフ型」のエントリー価格60pipsをベースに中央部付近はエントリー価格を30pipsにしてさらに両建て部分を足すことで「クロス型」となります。

ハーフ型+コアレンジ2倍+両建てエリア = クロス型

設定間違いによるエントリーを防ぐため、土日などの相場が動いていないタイミングでの設定をおすすめします。

トライオートFXでは新たな機能として「ビルダー」機能が搭載され、設定が非常に簡単になりました!

実際にトライオートFX設定画面で説明します。

①ログイン後、「トライオートFX/ETF」のパネルをタップ


次に、画面上部のタブで「ビルダー」をタップし、上部の画面になったら、「FXで作るをタップ」

「マルチカスタム」を選択し「選択する」をタップ

銘柄の選択画面では、「豪ドル円」をタップし左のグラフが「AUDJPY」に変わったことを確認して「選択する」

次は非常に重要な設定画面になります。

先にエントリー一覧を見ていただければイメージできるかと。

あとはこの表のとおりに、

  1. 買いエントリー60pips(ハーフ+両建て部分)
  2. 買いエントリー60pips(コアレンジ強化)
  3. 売りエントリー60pips(ハーフ+両建て部分)
  4. 売りエントリー60pips(コアレンジ強化)

をビルダー機能で設定していきます。

①買いエントリー60pips(ハーフ+両建て部分)

  1. 売買「買」
  2. レンジ幅「1320」pips
  3. 本数「22」本
  4. 数量(万)「0.1」
  5. スタート価格「81.4」
  6. 利確幅「60」pips
  7. カウンター値「-60」pips(カウンター固定にチェックをつける

設定し終わったら「ロジック追加」をタップ

注文設定が表のエントリー価格になっていることを確認します。

残り3つの設定も同様にやっていきます。

②買いエントリー60pips(コアレンジ強化)

  1. 売買「買」
  2. レンジ幅「480」pips
  3. 本数「8」本
  4. 数量(万)「0.1」
  5. スタート価格「78.7」
  6. 利確幅「60」pips
  7. カウンター値「-60」pips(カウンター固定にチェックをつける

設定し終わったら「ロジック追加」をタップ

③売りエントリー60pips(ハーフ+両建て部分)

  1. 売買「売」
  2. レンジ幅「1320」pips
  3. 本数「22」本
  4. 数量(万)「0.1」
  5. スタート価格「76.60」
  6. 利確幅「60」pips
  7. カウンター値「60」pips(カウンター固定にチェックをつける

設定し終わったら「追加する」をタップ

④売りエントリー60pips(コアレンジ強化)

  1. 売買「売」
  2. レンジ幅「480」PIPS
  3. 本数「8」本
  4. 数量(万)「0.1」
  5. スタート価格「79.9」
  6. 利確幅「60」pips
  7. カウンター値「60」pips(カウンター固定にチェックをつける

設定し終わったら「追加する」をタップします。

トライオートFXのさみーの豪ドル円のクロス型確認画面

最終的な確認画面です。

本数は「×1」に忘れずにしましょう。

設定内容を確認して大丈夫なら「今すぐ稼働」で稼働開始です。

さみー
クロス型設定で毎週「トライオートFXのブログ実績」にてリアルな実践結果を報告中!

マークアップ手数料について

トライオートFXの自動売買は利益から手数料を引くのではなく、決済時のpipsを上乗せすることで手数料を引いています。

具体的には、自動売買でドル円の1000通貨を「100円」で買い指値をすると

手数料2pipsを上乗せして、「100.02円」でエントリーしたことになります。

決済時は、利益幅を1000円に設定した場合、100pips必要。

決済時にも手数料2pipsがかかるので、決済発動価格は「101.04円」になります。

紹介した設定は手数料を誤差と考えての設定になります。

非常に運が悪いと、手数料のpipsの間で反転してしまうと、約定されずに新規エントリーだけされる可能性もなくはないです。

利益を削ってリスクを無くすなら、1万通貨未満なら4pips、1万通貨以上なら2pips利確幅を減らすか、エントリー間隔を60pips → 64pipsに変えれば防ぐこともできます。

僕は誤差と考え、マークアップ手数料分を設定には反映させない状態にします。

さみー
調整すると1回の利益がちょこっと少なくなり続けるのでマークアップ手数料は考慮しない設定でいきます!

まとめ | カスタム設定コアレンジャー豪ドル円

僕は2020年11月22日から設定を進化させて「豪ドル円のクロス型」で実践しています。

今後どうなるかの実践結果は、》「【運用実績】トライオートFXのブログ実績を毎週公開!」をご覧ください。

当サイト限定の特別タイアップで”超”限定レポートプレゼント中!

絶好調のトライオートFXの僕の考え方をしっかりと渾身の50ページにまとめた大作【「失敗」しないトライオートFX戦略】レポートがついに完成しました!

僕のトライオートFXの経験を詰め込んだ50ページの渾身のレポート内容となっています!

\実践結果「200万円越え」達成!/
トライオートFX

当サイト限定!特別タイアップで”超”限定レポートプレゼント!
レポート獲得条件は上のリンクから口座開設するだけ!
さみー
値動きの激しい豪ドル円でオリジナル設定「クロス型」でガッツリ資産を増やしていく!
読みたい場所をタップ
閉じる