ループイフダン

【新通貨ペア】ループイフダンの豪ドル/NZドル(AUD/NZD)の活用術!

どうも!ループイフダン歴5年目のさみーです。

2018年11月からループイフダンの新通貨ペアに「豪ドル/NZドル(AUD/NZD)」が仲間入りとなりました!

豪ドル/NZドルといえば、トライオートFXのコアレンジャーでお馴染みですね。
圧倒的な年利率なので僕も運用しています。

ループイフダンでは「豪ドル/NZドル」をどのように活用すればよいのか?
過去チャートを考察し、活用術をご紹介します。

当サイト限定!特別タイアップで3000円Amazonギフト券プレゼント!

>>ループイフダンの無料登録<<

プレゼント条件は「口座開設+10ロットのお取引」

  • ループイフダン新通貨ペア「豪ドル/NZドル」の特徴
  • おすすめ設定と必要な資金
  • コアレンジャーとの違い
さみー
さみー
豪ドル/NZドルは特殊な通貨ペアですが、ループイフダンならとっても使いやすい!

豪ドル/NZドル(AUD/NZD)のチャート

豪ドル/NZドルは、オーストラリアドルとニュージーランドドルの組み合わせた通貨ペアです。

どちらも資源国家で、最大取引国は中国です。
ですので、中国経済と密接な関係があります。

中国株が下がると、豪ドル円もNZドル円も下がります。

では2つを組み合わせた豪ドル/NZドルはどのような値動きか?

当然似た値動きになるので、レンジ範囲が非常に狭いです。

レンジとは一定の値幅にて上下してくれる相場です。

ループイフダンで適した通貨ペアは、

  1. 過去チャートのレンジ範囲が狭い
  2. 長期間レンジ相場が続いている

2つの条件を満たす通貨ペアの代表は「豪ドル円」ですが、実は「豪ドル/NZドル」もなかなかイイ感じの通貨ペアです。

僕は勝手にオーストラリアとニュージーランドをオセアニア兄弟と呼んでいます。

さみー
さみー
リピート系注文はオセアニア兄弟が熱い!!!

豪ドル/NZドル(AUD/NZD)の特徴

豪ドル/NZドルの最大の特徴は、1.00を切ったことがないんです。

厳密にいえば、ループイフダン上では2015年4月3日に最安値0.998を記録していますが、その後しっかり反発しています。

リーマンショック時も豪ドル、NZドルともにいっしょに下落するので不況は関係のない通貨ペアです。

豪ドル円だけの運用より複数通貨ペアを分散させたほうがリスク分散につながります。豪ドル/NZドルはリスク分散させる通貨ペアとしては優秀なんです。

僕は豪ドル円B80、豪ドル/NZドルB40、スイス円S80、ユーロドルS60を組み合わせてリスク分散を図ってます。

さみー
さみー
クロス円、ドルストレートそして豪ドル/NZドルをバランスよく運用すればかなり安定します!

豪ドル/NZドルのおすすめ設定

過去3年では1.00~1.13で上下に動いて、レンジ形成をしています。

コアレンジャー豪ドル/NZドルはこの範囲を両建てで攻めてます。

僕がループイフダンの豪ドル/NZドルでおすすめする設定は、豪ドル/NZドルの買い方向のみでの稼働です。

過去10年チャートでは、豪ドル/NZドルは1.13より上の範囲ってかなりありうるんですよね。

ループイフダンの両建てだとしっかりシステムを止めないと一気に上昇するとスコンッとロスカットされます。

豪ドル/NZドルの買い方向だけの設定にすることで、急上昇しても利益にしかなりません(笑)

1.00を割る確率が非常に少なく、1.13を越える確率は長期的にはそこそこある。
なので買い方向だけはかなり安心なんですよね。

おまけに買い方向だとスワップポイントがもらえます。
11月の平均スワップポイントは1万通貨あたり10円です。

買い方向だけなら比較的安全で「為替差益+スワップポイント」が狙えます!

さみー
さみー
ループイフダンの豪ドル/NZドルは買い方向でGO!

豪ドル/NZドルの値幅はどれにする?

ループイフダンで失敗しないためにはとにかく資金管理が大切です。
値幅を狭くすると利益が増えますが当然リスクも増えます。

ループイフダンの豪ドル/NZドルで選べる値幅は「20・40・80・100」の4種類。

狭い値幅は必要資金が多くなりますので注意です。

アイネット証券の目安資金表

2018年11月の現在値は「1.07」です。

目安資金としては、1.07から少し上がって「1.10から1.00まで下がった場合」を考えると想定する変動額は「1000pips」になります。

1000通貨で20pipsなら、「37万円」、40pips設定なら「19万円」です。

1エントリーでスプレッド6.0pipsかかることを考えると「40pips」以上がコスパ良さそうですね。

僕のおすすめとしては豪ドル/NZドルは「40pips」で推します!

ループイフダンの設定画面です。

  1. AUDNZDにチェックをつけて「絞り込み」ボタンを押す。
  2. プルダウンで「ループイフダンB40(AUD/NZD)」を選択
  3. 損切なし
  4. 取引数量1(1000通貨)

これで目安資金20万円の設定になります。

もっと余裕を持つなら「B80(80銭)」です。
こっちなら15万円あればずっとほったらかしにできるぐらい安全です。

さみー
さみー
コスパよく安全に行くなら40pips!口座資金に余裕が出てきて利益あげたいときはさらに1000通貨増やしましょう。

ループイフダンの豪ドル/NZドルならば両建ても有!
(2019年8月18日追記)

2018年11月からループイフダンの豪ドル/NZドルを運用して9カ月ほど経ちます。

豪ドル/NZドルの運用はリスクオフ時の暴落時の影響も少なく、ハッキリ言っておすすめですね。

特に狭い範囲のレンジ効果が大きいので、両建ても有だと思っています。
ループイルダンで両建てだと注文範囲の指定ができないので思わぬポジションをとってしまう恐れもありますが、他のFX会社に比べて有利な側面が大きいです。

  1. トライオートFXの場合、スプレッドがやや広くスワップもやや弱い。
  2. トラリピは豪ドル/NZドルは取り扱っていない。

トライオートFXならば停止する手間がかからず便利ですがスプレッドの広さはどうしても成績に影響しますね。

ループイフダンで豪ドル/NZドルの両建てをする場合の方針例としては、

豪ドル/NZドルが2019年8月18日の現在値1.05で買い注文のみを実施だったとして

  1. 売り注文を1.05越えていたら買い注文と同じ通貨数・値幅で稼働
    (買い注文がない状態なら、1.05~1.08のゾーンの中ならば買いも注文。)
  2. 買い注文は1.10まで上がったら停止
  3. 1.08まで下がったらを買い注文を再開
  4. 売り注文は1.03まで下がったら停止

イメージとしては両建てゾーンを作って、ゾーンを少し過ぎたところで片方停止。

ゾーンぎりぎりで上下されると稼働と停止が頻繁に発生して大変なので、停止までに幅を持たせて止めます。

両建ての方が利益は出ますが、当然売り注文には過去5年の値幅を越えた時に損切りするかどうかの判断が必要になるリスクもあります。

個人的には中国経済がそこまで順調ではない今は、しばらくは大きく上昇することはないかと考えています。

さみー
さみー
豪ドル/NZドルのレンジ相場の強さなら両建ても有!

まとめ | ループイフダンの豪ドル/NZドル

資産運用の基本は分散投資です。
リピート系注文でも同じ話です。

1つの通貨ペアだけでなく、複数の通貨ペアを併用することでリスク分散となります。

ただし、選ぶ通貨ペアはクロス円だけでは意味ないです。

豪ドル/NZドルならば、クロス円でもドルストレートでもない特殊な通貨ペアで、しかもループイフダン向きです。

豪ドル/NZドルも併用することでリスク分散を測りましょう!

もちろんまずは豪ドル/NZドルだけやってみるのも悪くないですよ♪

20万円でかなり安全に始めることができます。

 

当サイト限定!特別タイアップで3000円Amazonギフト券プレゼント!

≫ループイフダン口座開設で3,000円Amazonギフト券をもらおう!

プレゼント条件は「口座開設+10ロットのお取引」です!

初心者向け自動売買ならループイフダン
アイネット証券_タイアップ

僕が3年以上ずっと続けている自動売買FX「ループイフダン」24時間不眠不休でシステムが働きます。

ループイフダンの実績は、毎月2万円コツコツと稼いでいます。

「手続きめんどうだなぁ。」と思ってしまいますが、少しでも気持ちが動いた「今」だからこそ資産運用デビューしましょう!

 

当サイト限定の特別タイアップ!3,000円QUOカードプレゼント中!/