【初心者】FXの勝ち方と用語説明

FXのボラって何?ボラティリティの用語説明

どうも、FX歴5年目のさみー(@sammy_fx_123)です。

ツイッターを見ていると「ボラが高い」「ボラが低い」ってよく見ますよね。

閑散相場なら「ボラがもっと欲しい!」とか言われます。

今回は、FXにおける「ボラ」の説明です。

さみー
さみー
FXではボラが低いと利益を得るのは難しいと言われています。

ボラティリティ説明

ボラとはボラティリティの略で、「価格の変動率」のことです。

「ボラが低い」とは、変動率が低く細かいレンジ相場になっています。

一方「ボラが高い」とは、変動率が高く大きく一方向に動いた相場になっています。


豪ドル円のチャートです。

前半の部分は細かく上下に動いて「ボラが低い」状態です。

この状態では、細かくエントリーと約定を繰り返せば利益を得ることができますが、続けていると痛い目に合う可能性があります。

チャートの中盤に、突如、値を上げています。

この状態が「ボラが高い」状態です。

もしボラが低い状態でエントリーと約定を繰り返す作戦をしていた時に、ショートだった場合、一気に利益を吹き飛ばすことになります。

チャートの中盤で、ボラが高い状態になっているので、82円手前のレジスタンスラインでの跳ね返りを狙えば40pips取ることができました。

どういう時にボラが高くなる?


2018年からボラティリティが高くなるタイミングの一つに「トランプ砲」があります。

トランプ砲とは、「トランプ大統領によるツイートがキッカケとなって為替が大きく動くこと」です。

これはほんと読めないですが、ある程度トランプ砲パターンは決まってきています。

 

  1. 関税をかけることにした!などのリスクオフ発言
  2. 対抗処置に激怒してさらに追加関税かけるぞ発言
  3. このままでは駄目だから話し合いをして交渉を進めよう。
  4. 「いい話し合いができた関税はかけるが、追加関税はやめておこう。さぁ合意書にサインを」リスクオン発言

リスクオフ発言をある程度して、その後リスクオン発言をすることがパターンとなっています。

なので戦略としては、

  • 戻り売り
  • 一回ポジションを切ってから安値でエントリー

が有効です。資金管理さえ間違えなければ大きく損失を出さずに有利にトレードできます。

さみー
さみー
トランプさんに振り回されっぱなし

ボラティリティ(ボラ)まとめ

  • ボラとはボラティリティ「価格の変動率」のこと。
  • ボラティリティが高い方が、利益を取りやすい。
  • ボラティリティが引く時のエントリーは、ストップを必ず入れて損切りすること。
さみー
さみー
ボラティリティが低い状態では無理にエントリーしない方が無難です。FXがうまくなってからでも低いボラでエントリーしても遅くはないです。
初心者向け自動売買ならループイフダン
アイネット証券_タイアップ

僕が3年以上ずっと続けている自動売買FX「ループイフダン」24時間不眠不休でシステムが働きます。

ループイフダンの実績は、毎月2万円コツコツと稼いでいます。

「手続きめんどうだなぁ。」と思ってしまいますが、少しでも気持ちが動いた「今」だからこそ資産運用デビューしましょう!

 

当サイト限定の特別タイアップ!3,000円QUOカードプレゼント中!/